矢野口駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 矢野口校】へお任せ下さい!

menu

矢野口駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 矢野口校

こんにちは。英才個別学院矢野口校です。

入試日が間近に迫ってきています。いよいよ、明日はセンター試験ですね。

また、東京都立高校の推薦入試の準備、神奈川県立高校入試への最後の追い込みなど、中学3年生の受験生は、日々自分を追い込んで勉強しています。

そのような姿を見ると、私が「何か手伝えることがないか」とさらに、さらに思いが強まります。


高校入試は楽なのか…。大学入試がこんなにも…。

昨日、講師と生徒の会話を聞いていてこんな発言がありました。
「高校入試がいかに楽だったかを思い知りました」

 

これは、矢野口校に通う高3生の発言なんですが、ちょっとへぇ~と思った次第です。

この子は、高校受験で都立の共通問題で480点を取った子です。

 

標準的なレベルの共通問題とは言え、480点と言えば1科目96点ですから、各教科1問ミスということとなります。

基礎を叩き潰し切らなければ、この点数はとても取れません。

 

しかし、その子をしても「大学入試に困難を感じる」訳ですから、いかに大学入試が面倒な入試なのかということでしょう。

 

さて、中学・高校・大学入試の違いって何だと思いますか?

 

それは、受験する人数が違うことです。

また、受験しに来る生徒の居住地域の範囲の違いです。

 

一般的に、受験する人数は・・・

大学入試 > 中学入試 > 高校入試

となります。

公立高校は、原則学区が撤廃されて全都(全県)一区ですが、やはりあまり遠い高校にはいきません。どんなに大きくみてもせいぜい、片道1時間の範囲です。

中学入試は、関東全都県から受験生を集める高校も多いです。また、「合格したら引越しをする」家庭もあるほどです。

大学入試は、全国から「●●大学に行くぞ!!」と集まってきます。だから、相当な激戦になります。

 

あともう一つ。

 

高校入試では、ある層は受験をしません。どんな層でしょうか?

 

それは、中学入試で合格した子たちです。この子たちは、各小学校のトップ層です。

次に受験するのは、原則大学受験です。

 

ですから、高校入試では小学校の2番手以降の皆さんの争いになる。当然、本当のトップ層は受験しない。

でも、大学受験は違う。中学受験で、相当もまれた層も受験する。

 

だから、面倒なんです!!大学受験の準備はお早めに!!


英才個別学院矢野口校 菅中 学年末テスト対策

開催日時 2020年2月1日(土) 10:00~18:00

持ち物  筆記用具・学校の問題集・ワーク、ノート

☆ 今回のテスト対策は、なんとご褒美が出ます

当日の12時と17時で人数を集計して、その参加人数に応じたご褒美が出ます!!

参加をお待ちしています!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

  1. 夏の準備

英才個別学院 矢野口校 フェイスブック
英才個別学院 矢野口校 ツイッター
英才個別学院 矢野口校 YouTube チャンネル
英才個別学院 矢野口校 Google+