矢野口駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 矢野口校】へお任せ下さい!

menu

矢野口駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 矢野口校

こんにちは。
英才個別学院矢野口校の伊藤です。

最近、社会で悩む生徒が多いので、自分が指導していたことをお伝えしようと思います。

都立の社会(地理)はこれをやる!!

都立高の地理の出題形式は図表の読み取りが中心です。

都立 令和2年度入試 社会大問1〔 問 1 〕

この問題を解くにあたって、特段何かの知識がいるかといえば、その必要性はありません。

【今日の重要なこと】 問題用紙で工夫をしよう!!

私なら、ですが…
「問題用紙を回せ!!」と指導します。

「たったそれだけ?くだらない…。」と思われたかもしれませんね。

この手の問題は、過去に何度も出題されている頻出問題です。しかも、78.7%の正答率です。だから、この問題は落とせないんです。

このような感じです。
試験時間中に、「問題用紙を回したらダメ」という決まりはないので、というより、切ったりしなければ問題用紙はどのように使ってもいいので、私ならばこうするかなと思います。

で、選択肢です。

注目するべきは「橋」の存在です。また、右上の角度で見ているということが大切ですね。

アは、江の島の頂上あたりから撮影しているので違います。
ウは、撮影場所を左手に見ている写真なので×です。

あとは、矢印の向きから見て、江の島に向かってどちら向きに砂浜が広がるのかを考えればいいはずです。

右に向かって広がるはずです

これも、問題用紙を回転させたからわかることではないでしょうか?
ちょっとした工夫で、5点を取れるか、5点を失うか…。

都立の社会は、全ての問題が5点と配点が大きいですから、柔軟に対応したいものですね。

話を戻しますが、
イは、砂浜が左斜め上に向かって広がっているので×
エは、砂浜が右斜め上に向かって広がっているので、これが正解です。

都立の社会って…

意外に得点が取れないもののようです。
だから、都立社会の攻略には「パラダイムシフト」が必要かなと思っています。

用語暗記だけで取れないってよ

これ、受験勉強が終盤に差し掛かった、過去問を始めた都立高の受験生が必ずっていうほど言う言葉です。

わたしは、社会で得点できれば「アドバンテージ取れるのにな」と心から思います。

中学の定期テストで社会の勉強をする際は「暗記頼り」で何とかしてきているからこそドツボにはまるのかなと思います。

「社会の特別授業やろうかな…。」と思う毎日です…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

  1. 夏の準備

英才個別学院 矢野口校 フェイスブック
英才個別学院 矢野口校 ツイッター
英才個別学院 矢野口校 YouTube チャンネル
英才個別学院 矢野口校 Google+