矢野口駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 矢野口校】へお任せ下さい!

menu

矢野口駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 矢野口校

こんにちは。
英才個別学院矢野口校の伊藤です。

今回は、先日返ってきました「8月のVもぎ」の結果速報です。

「結果速報」とは?

Vもぎの成績表には、得点や偏差値だけではなく次の情報が載っています。
① 科目ごとの平均点
② 自分が出した志望校の合格確率の判定
③ 自分の採点済み答案
 ⇒じつは、デジタル採点になり自分が書いた解答用紙は返却されません

のいろいろ書いてある情報のうち、得点と偏差値のみが判明する、これが結果速報です。成績表返却よりも3~4日早いのが通例でしょうか。

各科目の平均点予想

それでは、当教室の生徒の成績を用いて予想をしたいと存じます。

【国語】55点前後
【数学】54点前後
【英語】48点前後
【社会】52点前後
【理科】54点前後
【3科】158点前後
【5科】265点前後

だいたいWもぎで300点前後の平均点、Vもぎで270点前後が平均といったことが多いので、だいたいいつも通りだと思われます。

「偏差値を1上げる」ための問題数

都立高入試は、1問あたりの配点が高いことで有名です。
2点とか3点とかというよくある配点は、国語の漢字の読み書き以外では見当たりません。

なので、偏差値を1上げるための得点を伝えるよりも、偏差値を1上げるための問題数を伝えたほうが、生徒はやる気が出るようです。

さて、その問題数ですが…

【国語】漢字1問前後
【数学】計算1問前後
【英語】1問前後
【社会】1問前後
【理科】1問前後

3教科(国数英)や5教科(国数英社理)だと

【3科】5点前後 /【5科】5点前後

でした。各科目1問多く取ったと仮定すると、偏差値は5近く上がることになります。あるいは、凡ミスを1問減らすと偏差値は1上がるといってもいいでしょう。

今回の、偏差値50と、偏差値60ではおよそ100点の差がありました。
各科目、あと3~4問多く取ればよい計算になります。

その中には、国語の漢字、数学の計算、理社の一問一答など、数日やればすぐに結果の出るものもあります。

試験範囲表とにらめっこして、すぐに手を打ったらいいのになと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

  1. 夏の準備

英才個別学院 矢野口校 フェイスブック
英才個別学院 矢野口校 ツイッター
英才個別学院 矢野口校 YouTube チャンネル
英才個別学院 矢野口校 Google+