矢野口駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 矢野口校】へお任せ下さい!

menu

矢野口駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 矢野口校

こんばんは。英才個別学院矢野口校の伊藤です。
9月第2回の結果速報がVもぎ(進学研究会)より出てきましたので、8月に引き続き、9月Vもぎの結果速報をしたいと存じます。

低いぞ!!平均点!!

矢野口校の生徒の成績をつかって、平均点予測をしてみます。

8月平均(確定)  国:59 数:60 英:63 社:57 理:57
         3科:158 5科:264
9月②平均(推定) 国:54 数:50 英:46 社:42 理:50
         3科:144 5科:245

英語・社会の落下が激しいようです。

生徒に、結果速報を話していて、いつも私は得点から伝えます。
8月の速報を伝えた以上に、9月の結果を聞いた時の感情の起伏が大きい気がします。

だいたいの子どもは、50点を切るとしょげます。
これは、中学校の定期テストでも50点以下を「悪いと自己評価する」からなのだと思います。

でも、今回は偏差値を聞いて驚くんですね!!これが、また。

例えば、今回は英語で32点を取った生徒がいます。でも偏差値に直すと46なんですね。

偏差値46というと、確かに低いかもしれないけど「あと数問で平均点=偏差値50だぞ」と言えるんですね。

「勇気を持て!!」

と言えちゃうんです。
でもですよ、実際は20数問中で7~8問なんです。半分にも満たない…。

これでいいのかなぁ…。
ちょっと、この成績だと疑っちゃいますよね。本当に合否判定は正確なのかと…。

これが新型コロナの影響なのか…。

大学受験でも、似たようなことが起きています。

↓↓↓↓↓詳しくはここから↓↓↓↓↓
コロナで偏差値大揺れ…

サンデー毎日(8月30日号)では、「21年入試をコロナが襲う!大学選びの偏差値大異変」と題して、新型コロナウイルス感染症が2021年度大学入試や偏差値に与える影響について分析。

入試形式の変更、オンライン不正への懸念、公私立間における学習習熟度の差などを取り上げている。

リセマムHPより

さてさて、どうなることやら…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

  1. 夏の準備

英才個別学院 矢野口校 フェイスブック
英才個別学院 矢野口校 ツイッター
英才個別学院 矢野口校 YouTube チャンネル
英才個別学院 矢野口校 Google+